2017年九州豪雨を解析

2方向から気流、上空に

 昨年7月に起きた九州北部の豪雨で、福岡県朝倉市付近の上空に、湿った空気の流れが2方向から入り続けていたことが九州大大学院の川村隆一教授(気象学)らのチームによる分析で分かった。川村教授が21日、明らかにした。

 関連死を含め40人の死者を出した九州北部の豪雨は南下した梅雨前線に向かって湿った空気が流れ込み、積乱雲が連続発生する「線状降水帯」が原因だったとみられている。

 川村教授によると、2012年の九州北部豪雨で発生した線状降水帯では湿った気流が1方向だけだった。川村教授は「メカニズムをさらに解明し、災害予測などの対策に役立てたい」と話した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS