世界に衝撃与えた写真、母親と娘は一緒だった

©株式会社全国新聞ネット

太田清

47NEWS編集長

太田清

47NEWS編集長

共同通信社入社後、広島支局、大阪社会部、外信部、経済部、ベオグラード支局、モスクワ支局、ローマ支局などを経て2016年より現職。イトマン事件、阪神大震災、コソボ紛争、ユーゴ空爆、モスクワ劇場占拠、アフガン紛争、ギリシャ財政危機、東日本大震災などを取材。

太田清の記事一覧を見る
米テキサス州国境付近で母親が拘束され、泣く女児=12日(ゲッティ=共同)

 米南部テキサス州国境で当局に拘束された移民の母親(32)を見上げて泣く2歳の女児の写真が、米国の世論を動かし、トランプ米大統領に不法移民の親子を別々の施設に収容する「不寛容政策」を変更させるきっかけともなったが、母親と女児は離れ離れになることなく同じ不法移民収容施設に収容されていたことが23日までに明らかになった。米主要メディアが伝えた。 

 写真は不寛容政策の非人道性を表すシンボルとなり、米国の不法移民取締当局は母親と女児の処遇について明らかにしていなかったものの、一部メディアは2人は引き離されたと報じており、トランプ氏と女児の写真を表紙に掲載したタイム誌も訂正に追い込まれた。 

 写真を巡っては、「移民の親子を再会させよう」とする募金も始まり、米東部時間20日正午までに1032万ドル(約11億3600万円)を超える寄付が集まっていた。中米ホンジュラス出身の母親は12日、娘を連れ米国に入ったところを当局に見つかり、拘束された。その傍らで母親を見上げながら泣く女児の写真はゲッティイメージズを通じて世界のメディアに配信され、大きな衝撃を与えた。 

 ところが、米メディアの取材を受けた女児の父親は、ホンジュラスの外務省から「女児と母親はともに拘束され、施設に収容された」と連絡を受けたことを明らかにしたほか、母親と娘を見つけた国境警備隊員も、娘が泣いていたのは身体検査の間、母親が抱いていた娘を地面に置いたからだと説明。検査が終わり、母親が抱きかかえると娘はすぐに泣き止んだという。 

 写真を撮影したゲッティの写真家ジョン・ムーア氏は「母親と娘が引き離される可能性は高かったが、私は一言も2人が引き離されたとは言っていない」としている。 

 これに対し、ホワイトハウスのサンダース報道官は「自らの目的を達成するために、野党民主党とメディアが小さい少女の写真を利用したのは恥ずべきことだ。娘は母親から引き離されていない」と批判した。 (共同通信=太田清)