親不在でも子の引き渡し可能に

強制執行、法制審部会が検討

 離婚に伴う子どもの引き渡し手続き規定を議論している法制審議会(法相の諮問機関)の民事執行法部会が、裁判所から子どもの引き渡しを命じられた親が現場にいなくても、もう一方の親に引き渡す強制執行を可能とする方向で同法の改正を検討していることが26日、分かった。

 上川陽子法相は閣議後の記者会見で、改正の方向性を認めた上で「非常に重要な課題だ。強制執行の実効性を確保しながら、子どもの心身の負担に最大限配慮した内容になるよう期待している」と述べた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る