汚染土利用の実証試験再検討へ

©一般社団法人共同通信社

 東京電力福島第1原発事故に伴う除染土壌を福島県二本松市の道路の造成に利用する実証試験について、三保恵一市長は26日の議会全員協議会で、環境省から再検討する方針を伝えられたと明らかにした。風評被害への懸念が理由だという。