ゲノム編集技術を応用、がん抑制

川崎医大、治療法開発期待

 生物の遺伝子を改変できる「ゲノム編集」技術を応用し、がん細胞の増殖を抑えられる技術を開発したと、川崎医大(岡山県倉敷市)や広島大などのチームが27日付の海外のがん専門誌電子版に発表した。

 マウスを使った実験で増殖抑制に成功しており、肺がんや食道がんの新たな治療法開発の基盤となり得るとしている。

 チームによると、開発したのは「マルチガイドCRISPRi(クリスパーインターフィアランス)」という技術。特定の遺伝子の情報を読み取れなくする塩基配列をがん細胞に取り込ませることで、がん遺伝子を働かなくして増殖を抑える手法で、一度に複数の遺伝子を標的にできる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む