世界遺産登録を応援 定期預金 たちばな信金 8月10日まで

©株式会社長崎新聞社

 たちばな信用金庫(諫早市)は、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産登録を応援しようと、定期預金「祈(いのり)」を8月10日まで取り扱っている。
 定期預金は1年物、10万円以上。個人や個人事業者が対象。通常のスーパー定期や大口定期1年物の店頭表示金利の2倍を適用。予定募集総額は20億円。
 同金庫は、登録予定の関連遺産の保存、保全や観光客誘致に取り組む団体に対し、取扱総額の0・01%以上を寄付し、地域経済の活性化にもつなげる。
 同金庫は昨年、「明治日本の産業革命遺産」を含む本県に関連した世界遺産の応援定期預金を募集し、約24億円を取り扱った。問い合わせは同金庫業務部(電0957・24・0027)。