北上に12月新事業所 東京エレクトロン子会社

©株式会社岩手日報社

 半導体製造装置の世界大手、東京エレクトロン(東京都)の100%子会社、東京エレクトロンFE(東京都府中市、資本金10億円、堤秀介社長、従業員445人)が、北上市本通りのツインモールプラザ東館に12月にも事業所を開設することが27日、分かった。FE社は工場内での同装置立ち上げやメンテナンスなどを手掛けており、半導体製造大手東芝メモリ(東京都)が同市内に建設する新工場への対応とみられる。

 関係者によると、レストラン街がある同館4階南側の約1千平方メートルに事業所を開設し、技術者ら約150人が所属する見通し。地元雇用も進める。9月から改装し12月の開業を見込む。レストラン街は再編する。

 同プラザは市の第三セクター北上都心開発(小笠原直敏社長)が管理運営し、東館はさくら野百貨店北上店、映画館のイオンシネマ北上、いわて生協ベルフ北上などが入居。東館への企業オフィス開設は初めて。