「天草」が宿泊満足1位 九州・山口観光地調査

 旅行情報誌「九州じゃらん」を発行するリクルートライフスタイル(東京)が実施した九州・山口の2017年観光地調査で、「天草」が「宿泊旅行で行って良かった観光地」の1位に選ばれた。

 九州じゃらん編集部は「新鮮な海の幸、雄大な海の絶景、温泉がそろう上に、世界文化遺産登録目前の崎津集落も満足度を高めた」と分析している。

 ただ「ことし行きたい観光地」では、上位20位に入らなかった。同編集部は「満足度の高さを生かすためにも、まずは旅行先に選ばれる工夫を」と指摘している。

 「泊まって良かった」の2位は別府(大分県)で、3位は平山温泉(山鹿市)。このほか県内からは、18位に南阿蘇(南阿蘇村・西原村・高森町)、20位に黒川温泉(南小国町)が入った。

 調査はことし2月、九州・山口8県の在住者にインターネットで実施し、20~69歳の2065人が100の観光地から選んだ。

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから