米朝会談歓迎の声明出せず

国連安保理で中国提案、米反対

©一般社団法人共同通信社

 【ニューヨーク共同】核・ミサイル開発を強行した北朝鮮に厳しい制裁を科している国連安全保障理事会で、中国がトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による首脳会談の実現などを歓迎し、北朝鮮制裁への対応に触れた報道声明を提案したが、米国が28日に反対し、まとまらなかったことが分かった。

 複数の安保理外交筋が明らかにした。米国は、北朝鮮との間で非核化を巡る政府幹部レベルの交渉が継続中であることを理由に反対したという。

 報道声明案は、米朝首脳会談を歓迎。北朝鮮が制裁決議を守れば、安保理は北朝鮮に対する措置を調整するという内容だった。