熊本ヴォルターズ SG小林が契約を継続

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の熊本ヴォルターズは29日、チーム発足時から主力として活躍してきたシューティングガードの小林慎太郎(33)と契約継続することで合意した。

 小林は熊本市出身、託麻中出。パナソニック(当時JBL)を経て、2013年のヴォルターズ設立と同時に入団した。5季目だった昨シーズンはリーグ戦54試合に出場し、1試合平均5・6得点をマーク。主将としてチームを引っ張った。

 この日が誕生日だった小林は、クラブを通して「熊本や全国の人に、元気や勇気、感動を届けます。昨シーズンできなかったB2優勝とB1昇格に向けて全身全霊を懸ける」とコメントした。

(2018年6月30日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから