素材、風味の良さを堪能 「醤油そば 琥珀」(熊本市東区江津)

一番人気の「琥珀そば」

 鶏がらベースに魚介類のだしを合わせたしょうゆラーメンが売りの「醤油[しょうゆ]そば 琥珀[こはく]」。カフェだった店舗を改修して、昨年8月にオープン。あっさりした味わいで、女性客を中心ににぎわう。店名の由来は、琥珀色のスープ。店の前に広がる江津湖に反射する太陽の光のように、キラキラと輝いている。

 にんにく風味や担々麺などもあるが、一番人気は「琥珀そば」(800円)。福岡県糸島市から取り寄せた無添加のしょうゆを使い、あぶった鶏のせせりとネギだけのシンプルなラーメンで、食材や風味の良さが堪能できる。

 午前11時半から午後2時半。水曜定休。TEL096(362)3751。(熊川果穂)

◇店主の橋本和明さん(43)  「上品、上質」をコンセプトに、食材だけでなく店内の内装にもこだわっています。食後には、カフェ時代の人気メニューだった、自家製キャラメルソフトクリーム(350円)はいかがでしょう。

(2018年6月29日付 熊本日日新聞夕刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから