ベルギー戦「日本勝利」 阿蘇市のものまね犬「もや」予想

西野朗監督にふんしてシュートを放つシャーペイ犬のもや(右)=阿蘇市

 阿蘇市の観光施設、阿蘇カドリー・ドミニオンで1日、サッカーワールドカップ(W杯)の8強入りを懸けてベルギーと戦う日本代表の勝敗を占うイベントがあり、西野朗監督のものまね犬が日本の勝利を予言した。

 今大会、シャーペイ犬のメス6歳、「もや」のシュートの成否で日本代表の勝敗を占っている。1次リーグは、日本が勝ったコロンビア戦をはじめ3戦とも勝利を予想。今回も幅約60センチのゴールに約3メートル離れた位置からボールを蹴った。

 来場客が見守る中もやは見事、右隅にゴール。アニマルトレーナーの黒田武志さん(30)は「性格は穏やかだがメンタルは強いもやのように、日本代表も強敵に向かってほしい」とエール。

 子ども3人と訪れた菊池市の石渕大和さん(40)は「もやちゃんも頑張ったので、日本も全力で勝利をつかんでほしい」と願っていた。(岡本幸浩)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから