工場爆発で男性1人死亡、福井

若狭町、1人重傷

©一般社団法人共同通信社

爆発で屋根に穴があいた「プロテインケミカル」の福井工場=2日午後5時10分、福井県若狭町(共同通信社ヘリから)

 2日午後1時45分ごろ、福井県若狭町の医薬品原料製造会社「プロテインケミカル」の福井工場で「爆発があり、黄色い煙が出ている」と119番があった。県警小浜署によると、いずれも工場従業員の三宅丈史さん(39)=同県小浜市=が死亡、男性(18)=同市=が重傷を負った。従業員や近隣住民の男女10人が目の痛みなどを訴え、搬送された。

 署によると、三宅さんと男性が化学材料をタンク容器に入れる作業中に爆発が起きた。工場長から事情を聴き、詳しい原因や作業状況を調べている。

 同社の担当者によると、午後3時すぎに福井工場から「けが人が出た」と連絡があった。