東京五輪「風車」イメージのロゴ

組織委の公式文化プログラムで

©一般社団法人共同通信社

発表された、2020年東京五輪・パラリンピックの文化プログラムのロゴマーク。右は制作者の野老朝雄さん、左は組織委文化教育委の青柳正規委員長=2日午前、東京都港区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、同年4月ごろから9月にかけ、日本文化の魅力の発信や共生社会の実現などをテーマに行う一連の公式文化プログラム「東京2020 NIPPON フェスティバル」のロゴを発表した。日本の祭りでなじみ深い「風車」などをイメージしたデザインで、市松模様の大会エンブレムを手掛けた野老朝雄さんが制作。エンブレムと同じ3種類の四角形を計45個組み合わせ、5色で多様性を表現した。

 国や地方自治体と連携したイベントも行う予定で、聖火リレーを契機に全国で盛り上げを図る。12年ロンドン大会では約300のプログラムが実施された。