NY円、110円後半

©一般社団法人共同通信社

 【ニューヨーク共同】週明け2日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=110円後半で取引された。米長期金利の上昇を受け、ドルを買って円を売る動きが優勢となった。

 午後5時現在は前週末比21銭円安ドル高の1ドル=110円85~95銭。ユーロは1ユーロ=1.1634~44ドル、128円98銭~129円08銭だった。