トランプ氏と電話会談

メキシコ次期大統領

©一般社団法人共同通信社

 【メキシコ市、ワシントン共同】メキシコ大統領選から一夜明けた2日、次期大統領就任が確実となった野党新興左派のロペスオブラドール氏は、トランプ米大統領と電話会談した。

 ロペスオブラドール氏はツイッターで、会話は敬意に満ちていたと評価した。トランプ氏が電話をかけてきたといい、ロペスオブラドール氏はメキシコで雇用を創出して米国への移民を減らし、国境地帯の治安を改善させるための包括的な合意づくりを申し入れた。

 ロペスオブラドール氏は大統領選期間中、メキシコへの侮蔑的な発言を繰り返すトランプ氏に「敬意を払え」と反発。態度を改めなければ会談しないと話していた。