日通、政府備蓄米8千キロで不正

検査印偽造、事故を隠蔽

©一般社団法人共同通信社

日本通運本社=東京都港区

 日本通運は4日、政府の備蓄米約8千キロ分の保管業務を巡り、不正行為があったと発表した。雨漏りで袋がぬれるなどしたコメを新しい袋に詰め替え、偽造した検査印を押して事故を隠蔽していた。一部のコメは飼料用米として出庫された。主食用としては流通していないという。農水省は農産物検査法違反の可能性があるとして調べている。

 この業務は三菱商事が農林水産省から受託し、日通に委託していた。三菱商事は農水省からことし5月末に業務改善命令を受け、7月2日付で再発防止策をまとめ農水省に報告したと明らかにした。