山本周五郎未発表短編発見

 武士の苦衷や庶民の哀歓を描いた歴史小説作家、山本周五郎が戦時中に書いた未発表短編が4日までに見つかった。「死處」という題で、命を守ることの尊さを武士が説く内容。国民の命を顧みない風潮が強まる戦時下での山本の違和感を示す一作。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む