大阪チタニウムテクノロジーズ、単純業務の自動代行ソフト導入

©株式会社鉄鋼新聞社

 大阪チタニウムテクノロジーズは、単純業務の自動代行システム「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」を導入する。間接部門の業務に活用し、業務の効率化や社員の生産性向上につなげたい考え。

 同社は現行の中期経営計画(2018~20年度)で間接部門の業務負荷を20%減らす全社共通の目標を掲げている。RPAの導入は同目標の実現に向けた柱の一つ。RPA導入のほか、仕事の進め方改革やIT(情報技術)ツールの見直しも進める方針。