木造住宅損壊の予測ソフト公開

巨大地震を想定、京大

シミュレーションソフトで再現した、地震で木造住宅が倒壊するイメージ。赤い部分は損傷が激しい

 京都大生存圏研究所の中川貴文准教授(木質構造学)は4日、巨大地震の発生を想定し、木造住宅の損傷や倒壊状況をアニメーションで確認できるシミュレーションソフトの最新版を公開した。

 ソフトは「ウォールスタット」で、2010年に初公開。最新版では、木造住宅を建てる際に、よく利用される設計ソフトと連動し、ハウスメーカーが使いやすいよう改良した。

 阪神大震災など過去に発生した地震や、大きな被害が予想される南海トラフ巨大地震など、さまざまな地震での検証が可能としている。

 柱や壁の種類や、場所などの情報を入力し、3Dで住宅を再現した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS