テニス・フェデラー芝で最多勝利

青山組が2回戦進出

©一般社団法人共同通信社

ウィンブルドン選手権第3日、2回戦でルカシュ・ラツコを破ったロジャー・フェデラー=4日、ロンドン(ロイター=共同)

 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第3日は4日、オールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス2回戦で2年連続最多9度目の優勝を目指す第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)はルカシュ・ラツコ(スロバキア)を6―4、6―4、6―1で下した。

 ツアーを統括するATPによると芝コートでツアー通算174勝とし、1968年のオープン化以降でジミー・コナーズ(米国)の歴代最多記録に並んだ。

 女子ダブルス1回戦で青山修子(近藤乳業)ジェニファー・ブレイディ(米国)組はダリヤ・ユラク(クロアチア)王薔(中国)組に6―2、6―3で勝った。

女子ダブルス1回戦で勝利した青山(左)、ブレイディ組=ウィンブルドン(共同)