ロアッソ 元日本代表のMF水野晃樹が加入

 J2ロアッソ熊本は4日、元日本代表のMF水野晃樹(32)をJ1鳥栖から期限付き移籍で獲得したと発表した。期間は来年1月31日まで。

 18位に低迷する熊本は7日からのJ2後半戦に向け、ボールのキープ力が高く、アシストも期待できる水野を布陣に加え得点力アップを図る。

 水野は静岡市出身で身長173センチ、体重66キロ。清水商高からJ1市原(現千葉)入りし、07~10年にスコットランド・プレミアリーグのセルティックでプレー。07年に日本代表に選出された。帰国後はJ1の柏、鳥栖などに所属し、J1で157試合16得点、J2で20試合1得点。Sプレミアでは11試合で1得点。

 水野は4日の練習後、「キックの精度に自信がある。試合に出て勝利という結果で貢献したい」と抱負を語った。

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから