マンホール作業の5人搬送、東京

命に別条なし、一酸化炭素中毒か

 5日午後3時20分ごろ、東京都台東区谷中3丁目のマンホール内で、「作業員が酸欠状態になっている」と東京消防庁を通じて警視庁に通報があった。警視庁下谷署によると、30~40代の男性作業員5人が搬送され、2人が一時意識不明になったが、命に別条はない。一酸化炭素(CO)中毒になったとみられる。

 下谷署や消防によると、マンホールは深さ約10メートルで、浸水対策工事の作業をしていたとみられ、現場には発電機があった。下谷署が詳しい状況を調べている。

 現場は、JR西日暮里駅から西に約300メートルの住宅や商店が立ち並ぶ一角。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS