文科省幹部「疑念におわび」

野党合同会合で

©一般社団法人共同通信社

 文部科学省前局長の受託収賄事件を巡り、文科省の村尾崇大臣官房総務調整官は5日の野党合同会合で、「国民の疑念を招いたことを心よりおわびしたい」と謝罪した。東京医科大が応募した「私立大学研究ブランディング事業」の選定過程の在り方を問われると「恣意が入るものではないと思うが、捜査中でありコメントを控える」と述べるにとどめた。

 国民民主党の山井和則氏は学校法人「加計学園」の獣医学部新設に絡めた質問で追及。東京医科大は2017年度に同事業の対象校に選ばれたが、加計学園の千葉科学大と岡山理科大も16年度に選定されたと指摘した。