タイ、「予言的中」の高僧に称賛

洞窟13人の生存確認

6月29日、タイ北部チェンライ郊外の少年らが行方不明になっている洞窟近くで、祈りの儀式を行う高僧(中央)(共同)

 【チェンライ共同】タイ北部の洞窟で行方不明になっていた地元サッカーチームの少年ら計13人が発見される時期を予言し、的中させたとして著名な高僧が同国内で称賛され、尊敬の念を集めている。

 地元メディアによると、タイ北部でレストランを経営する女性が自分の見た夢の内容をフェイスブックに投稿。高僧のブンチュン師と、洞窟がある山の女神は前世に夫婦で、高僧が洞窟前で祈れば女神が行方不明の少年らを解き放つという内容だった。

 高僧は6月29日に洞窟を訪れ、仏教の儀式を行い、少年らの生還を祈った。少年らが数日以内に出てくると予言。少年らは3日後の7月2日に発見された。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る