日立建機、新型鉱山機械を開発

来春発売、IoT活用

©株式会社鉄鋼新聞社

日立建機、新型鉱山機械を開発/来春発売、IoT活用

 日立建機は5日、新型の鉱山機械「EX―7」シリーズを開発し、来年4月から販売を開始すると発表した。

 08年に発売した現行の「EX―6」シリーズをフルモデルチェンジするもので、ICTやIoT技術を活用した機械の稼働状態やメンテナンスなどの情報提供を行う。現行でも近年の発売機ではIoT技術を取り入れてきたが、「EX―7」で標準搭載する形になる。

 日立建機は中型の油圧ショベルでICTやIoTを活用したサービス「コンサイト」を提供している。モデルチェンジを通じ、鉱山機械のような260トン級の超大型油圧ショベルでも同様のサービスを本格化させる。