タイ、洞窟の作業映像公開

過酷な環境、救出準備進む

タイ北部チェンライ郊外の洞窟で、少年らの救出に向けた準備をする作業員ら=5日(ボランティア団体、ルアンカタンニュー財団提供・共同)

 【チェンライ共同】タイ北部チェンライ郊外の洞窟で、生存が確認された地元サッカーチームの少年ら13人の救出活動に参加するボランティア団体が6日、洞窟内での作業映像を共同通信など一部メディアに公開した。首まで水に漬かるなど過酷な環境の中、救出に向けた準備が進んでいる。

 「彼が物を運ぶのを手伝ってやれ」「ここに水の深い場所があるから気をつけろ」。頭にヘッドライトを着けた作業員が、部品のようなものを手に、洞窟内に張られたロープを頼りに進んでいた。映像は5日夜に撮影。「頑張ろう」と互いを励ます場面もあった。

 映像によると、各所に水がまだ残り、流れも激しい。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る