中日ガルシアがど根性9勝目 4回に足つるも、続投して7回無失点の好投

©株式会社Creative2

中日のオネルキ・ガルシア【写真:荒川祐史】

3点リードの9回はルーキー鈴木博が締めプロ初セーブ

■中日 3-0 ヤクルト(7日・ナゴヤドーム)

 中日が先発したオネルキ・ガルシア投手の力投で勝利を収めた。7日、本拠地ナゴヤドームでのヤクルト戦。前日、大雨影響でヤクルトの荷物が届かずに中止になる珍しい事態となったが、この日は無事に開催。先発したガルシアは、中盤に足がつるアクシデントがありながらもマウンドに立ち続け、7回無失点の好投で9勝目をあげた。

 苦痛に顔が歪んだ。4回2死。畠山に対して3ボールからの4球目を投げた直後、ガルシアが足に異変を訴えた。ベンチへと下がり、トレーナーの治療を受けた左腕。このまま降板かと思われたが、左腕はマウンドへ戻って続投。続く坂口を遊ゴロに仕留め、4回までゼロを並べた。

 5回以降もマウンドに立ち続けたガルシアは、2回から6回までノーヒットピッチング。7回には2死一、二塁のピンチを招いたが、最後は小川を空振り三振に。7回で112球を投げ、3安打無失点に封じた。

 アクシデントを押して力投した左腕を、ようやく打線はこの裏に援護。1死二塁から福田が中前適時打を放って先制点を奪い取ると、8回には平田が適時三塁打を放つなど加点。8回を又吉が凌ぐと、守護神から降格となった田島が担っていた9回はルーキー鈴木博がマウンドへと上がって試合を締め、プロ初セーブをマークした。

(Full-Count編集部)