北朝鮮「米の態度、遺憾」

非核化手順で対立鮮明

©一般社団法人共同通信社

7日、平壌の空港で金英哲朝鮮労働党副委員長(右)と言葉を交わすポンペオ米国務長官(左)(AP=共同)

 北朝鮮の非核化に向け訪朝したポンペオ米国務長官は7日、金正恩朝鮮労働党委員長の最側近、金英哲党副委員長との2日間の協議を終え、就任後初めて来日した。北朝鮮外務省は7日、非核化協議に絡み、米国の態度を「実に遺憾極まりない」と批判する報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が報じた。ポンペオ氏は「多くの点で進展があった」と強調したが、具体策を巡る対立が鮮明になった。過去2回の訪朝で行われた金正恩氏との会談もなかった。

 北朝鮮外務省は、朝鮮戦争の終戦宣言に関する問題などを並行して扱うことを提案したのに対し、米側は一方的に非核化だけを要求したと非難した。(共同)