おかえり大迫選手 ファンらW杯健闘ねぎらう 鹿児島空港

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で2大会ぶりの決勝トーナメント進出に貢献した大迫勇也選手(28)=南さつま市出身=が7日、鹿児島空港着の航空機で帰郷した。ファンや関係者ら100人以上が詰めかけ、大きな拍手で健闘をねぎらった。
 大迫選手は8日午前10時から、南さつま市のかせだドームで帰省報告会に参加。その後、午後4時から県庁で、知事表彰「スポーツ部門」特別賞の授与式に出席する。行政庁舎正面玄関から、5階特別応接室へ向かう予定。1階ロビーは一般市民も入れる。

出迎えたファンから花束を受け取る大迫勇也選手=霧島市の鹿児島空港

Follow

南日本新聞

on

明治維新150年特集

明治維新150年や「西郷どん」の鹿児島関連の話題を中心に、観光案内・グルメ情報も掲載。4コマ「よかにせSAI-Go!」や幕末新聞などコンテンツ満載です!

特集ページはこちら