豪雨死者88人、救助捜索続く

50人超安否不明、3万人避難

©一般社団法人共同通信社

豪雨で水に漬かったままの住宅地=8日午後6時9分、岡山県倉敷市真備町地区(小型無人機から)

 活発な梅雨前線による西日本豪雨は8日、各地で被害が拡大し、死者は計88人に上った。安否不明者は50人以上。中国・四国地方を中心とした被災地では自衛隊などが救助活動や捜索を継続した。気象庁は、各地の大雨特別警報を全て解除したが、引き続き土砂災害や河川氾濫への警戒を呼び掛けた。総務省消防庁によると8日午後現在、20府県の避難所に計3万250人が身を寄せている。

 政府は非常災害対策本部を設置。安倍晋三首相は「救命救助や避難の誘導に全力で当たってもらいたい」と指示した。

 岡山県倉敷市真備町地区では、川の堤防が決壊し、地区の約3割が浸水した。

冠水した岡山県倉敷市で、ボートで救助される人たち=8日午前7時53分
大雨で国道2号が崩れ、転落した乗用車=8日午後3時39分、広島市安芸区(共同通信社ヘリから)