タイ洞窟、報道陣に撤収要請

災害地域指定で

8日、洞窟周辺からの撤収に向け機材を片付ける報道関係者=タイ北部チェンライ(共同)

 【チェンライ共同】タイ警察当局は8日、少年ら13人が閉じ込められている北部チェンライ近郊の洞窟周辺から撤収するよう、報道関係者らに要請した。数日前に洞窟が災害地域に指定されたためとしている。

 警察によると、周辺での待機が認められるのは関係当局者やダイバー、救急隊員などに限られる。8日早朝、警察幹部が「救出作業に関係のない者は直ちに移動するように」と通告した。

 洞窟近くの広場には多数のテントが張られ、各国メディアや炊き出しのボランティアらが集まっている。取材登録した記者やカメラマンは数百人に上るといい、救出作業の進展に備えて徹夜で待機する姿も見られた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む