ヴォルターズ、16日に県立総合体育館で練習公開 子ども記者も募集

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の熊本ヴォルターズは16日午後2時から同4時半まで、熊本市西区の県立総合体育館で新チームの練習を一般公開する。

 ヴォルターズは5月末まで続いた昨シーズンのB2で、18チーム中3位と健闘した。

 クラブは既に今秋開幕の来シーズンに向けた新チームの編成を終えた。昨シーズンに主将を務めた小林慎太郎をはじめ、司令塔の古野拓巳と並里祐、センターの中西良太とジョシュ・ドゥインカーら主力8人が残留。新戦力としてB2で2季連続得点王のチェハーレス・タプスコットら4人が加わった。

 午後5時からは公開記者会見を予定。その際、選手たちに質問する小中学生の「子ども記者」10人を募集している。受け付けはホームページで。12日締め切り。応募多数の場合は抽選になる。熊本バスケットボールTEL096(284)1555。

(2018年7月8日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから