ロンドン五輪の陸上男子短距離代表・江里口ラストラン

陸上国体県最終予選を走り終え、観客に手を振る江里口匡史選手(大阪ガス)=7日、熊本市東区のえがお健康スタジアム(小野宏明)

 「これまで応援ありがとう」-。2012年ロンドン五輪の陸上男子短距離代表で、現役引退を表明した江里口匡史[まさし]選手(29)=大阪ガス、菊池市出身=が7日、熊本市東区で行われた国体の県最終予選に最後のレースとして出場し、郷里で競技人生の花道を飾った。

 江里口選手は鹿本高から早大を経て大阪ガス入り。09~12年の日本選手権で史上2人目の4連覇を達成するなど、日本短距離界のエースとして活躍した。この日、えがお健康スタジアムで全盛期を彷彿[ほうふつ]とさせる走りを披露し、10秒82でフィニッシュ。「幸せな気持ちで走れた」とスタンドのファンに感謝した。

(2018年7月8日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから