熊本「もっと」PR 県とJRで観光企画、ロゴ発表

 熊本県とJRグループが来年7~9月に全国で展開する大型観光企画「熊本デスティネーションキャンペーン(DC)」のロゴが決まり、県が発表した。タイトルは「五感、ひびく、観動旅 もっと、もーっと! くまもっと。」。熊本の魅力を広く知ってもらおうと「もっと」を強調したデザインに仕上げた。

 DCは、旅行会社が列車を使ったツアー商品を開発し、JRが全国の主要駅などで広告展開する。県とJRは今年8月末に約40社を招き、現地視察を通して熊本の観光素材を提案し、旅行商品開発につなげてもらう。

 さらに県はDCを盛り上げるため、県内のグルメ情報を集めたクーポン付きガイドブック「くまもっとグルメ」(A5判、72ページ)を作成した。馬刺しや辛子れんこんなどの郷土料理のほか、天草の新鮮な魚介類や阿蘇のあか牛を使ったご当地メニュー、スイーツなどを紹介している。

 今月15日から関西以西の道の駅、観光案内所など約300カ所で5万部を配布する。(志賀茉里耶)

(2018年7月8日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

県とJRグループが来年7~9月に展開する「熊本デスティネーションキャンペーン」のロゴ(県提供)
県内のグルメ情報を紹介したガイドブック「くまもっとグルメ」

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから