世界・日本遺産ダブル認定祝い、花火打ち上げ/深浦

©株式会社東奥日報社

 青森県深浦町は日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」の登録1周年を記念し、16、21、28日の3日間、「北前船寄港地・深浦湾海上花火」を開催する。

 同町は世界自然遺産・白神山地も抱えており、全国的にも珍しい世界遺産と日本遺産のダブル認定を祝い、内外にアピールするのが狙い。

 日本遺産の構成文化財を所蔵する同町の円覚寺で本尊が33年ぶりにご開帳となる期間(17~31日)と重なり、盛り上げの相乗効果も期待される。

 打ち上げは3日間とも午後8時から10分間程度で、深浦港周辺で観覧できる。強風・雨天時は中止となる場合がある。問い合わせは町観光課(電話0173-74-4412)へ。

北前船寄港地・深浦湾海上花火のポスター