タレントの稲村亜美がZOZOマリンで始球式も…球速計測不能の大暴投

©株式会社Creative2

始球式を務めた稲村亜美さん【写真:細野能功】

「103キロ越えを目指した」ものの、投球は大きく三塁方向へ…

■ロッテ – 日本ハム(8日・ZOZOマリン)

 球速110キロを目指しているタレントの稲村亜美が8日、ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ対日本ハム戦で始球式を行った。「(以前にマリンで出した)103キロ越えを目指した」と稲村だったが、大きく振りかぶって投じたボールは、三塁ベンチ方向へと大きく逸れる大暴投となった。

 珍しい大暴投に「緊張しました。感覚は樽美酒さんに負けないように投げたつもりが、キャッチャーのほうに行かなかった」と頭をかいた稲村。「ミニキャンプでもして肩を鍛えます」と最後は笑顔だった。

(Full-Count編集部)