リカルド「ストレートで遅い上にDRSが故障するなんて悔しい」:F1イギリスGP土曜

©株式会社サンズ

 2018年F1イギリスGPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは6番手だった。
                      

■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 予選=6番手
 今日は難しい一日だった。悔しい結果だよ。Q3での自己ベストとなるランではターン4からターン6の間でDRSが作動しておらず、大きくタイムを失ったんだ。でもその前の時点ですでにロスしていたんだけどね。

 最近のシルバーストンは馬力がものをいうコースになっている。多くのコーナーが全開で抜けられるようになっていて、ターン1、2、9はもはやコーナーとは呼べない。つまり、馬力がすべてなんだ。

 ストレートでどれだけ失っているか分かっているというのに、その上にDRSまで使えないという状況には本当に苛立った。

 昨日の時点で、3列目よりも前を獲得するのは難しいだろうと分かっていたから、マシンをレース寄りにセッティングした。それが明日、実を結ぶことを祈ろう。どんどん暑くなって、タイヤが重要な要素になることを願っている。1ストップのレースになれば僕らのチャンスは限られたものになるが、境界線上になれば面白いことになる。
     
 僕らはまだフェラーリとメルセデスに大差をつけられているけれど、レースでは事態が変わり得るから、明日は何か少し違うものがもたらされればいいなと思っている。オーストリアでは、それほど速さがなかったにもかかわらずレースでは状況が変わった。それを考えると希望を持てるよ。