土砂災害や河川の氾濫に引き続き警戒を

©株式会社ウェザーマップ

8日14時50分、各地に発表されていた大雨特別警報はすべて解除されましたが、西日本や東海地方では引き続き大雨警報が発表されている所があります。
土砂崩れや河川の氾濫などは、雨がやんだ後に時間をおいて発生することがあります。気を緩めることなく、引き続き警戒してください。

9日以降は雨のやむ地域が多くなり、全国的に気温が上がる予想です。被災地では避難所生活や復旧作業において熱中症に注意が必要となります。衛生環境が悪化しやすい状態となっているため、食中毒などにも十分に気をつけてください。

また、猛烈な台風8号が10日に沖縄地方に接近する見込みです。早めの対策を心がけて、接近する台風に備えましょう。
北海道では9日以降、前線の影響で雨が降る日が多くなりそうです。

気象予報士・原田 雅成

画像について:週間予報 9日(月)~15日(日)