日本ハム、ウインナー自主回収

樹脂片混入か

©一般社団法人共同通信社

日本ハムが自主回収する「小さなシャウエッセン85g(2個束)」

 日本ハムは8日、ウインナーソーセージ「小さなシャウエッセン85g(2個束)」の製造過程で黒い樹脂片が混入した可能性があるとして、6520束に当たる1万3040パックを自主回収すると発表した。今のところ健康被害は確認されていないという。

 対象となるのは、山形県酒田市の工場で6月25日に製造され、賞味期限欄に「18.7・24・NH」と記載された商品。2パックを1束にまとめて6520束が出荷され、関東を中心に販売された。

 ウインナーの原料などを置く台の樹脂片が混入したとみられる。7月以降、購入した客から「異物が混入していた」との問い合わせが3件あり、発覚した。