内閣不信任案提出は当面見送りと立民幹部

©一般社団法人共同通信社

 立憲民主党は10日にも衆院提出を検討していた内閣不信任決議案について、西日本豪雨の被災地対応に政府が集中して取り組むべきだとして、当面見送る方針を固めた。同党幹部が9日明らかにした。