きらぼし銀、着服疑いで行員解雇

3億7500万円引き出しか

©一般社団法人共同通信社

 東京きらぼしフィナンシャルグループ傘下のきらぼし銀行は9日、男性行員(36)が複数の顧客から定期預金作成の名目で現金計約3億7500万円を着服した疑いが強まったとして、8日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。顧客には既に謝罪した。

 同行によると、男性行員は2016年5月から18年5月にかけて、東京都内の2支店で顧客の法人2社と個人4人の普通預金口座から現金を引き出し、架空の証書を手渡すことで定期預金の契約を装った。今月4日、顧客の申し出に該当する定期預金がないことが分かり不正が発覚した。

 行員とは連絡が取れず、警察に今後の対応を相談している。