次回W杯へ成長誓う 大迫選手、南さつまでファンに報告

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍した南さつま市出身のFW大迫勇也選手(28)が8日、同市のかせだドームで地元ファン700人を前にW杯の報告をした。「皆さんの声がすごく力になった」と感謝。「4年後のカタール大会で成長した姿を見せたい」と力を込めた。
 開場前から長蛇の列ができ、300人分用意された「大迫勇也 半端ない!」のスティックバルーンは10分足らずでなくなった。大迫選手が入場すると市民らはバルーンを力強くたたき、〝郷土の星〟を歓迎した。

詰めかけたファンとタッチや握手する大迫勇也選手=8日、南さつま市のかせだドーム

Follow

南日本新聞

on

明治維新150年特集

明治維新150年や「西郷どん」の鹿児島関連の話題を中心に、観光案内・グルメ情報も掲載。4コマ「よかにせSAI-Go!」や幕末新聞などコンテンツ満載です!

特集ページはこちら