【MLB】田中将大、11日に復帰へ 指揮官はシーズン終盤以降の絶大な勝負強さに期待

©株式会社Creative2

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

敵地オリオールズ戦に先発「タナカは変わったとヤンキースは固く信じている」

 ヤンキースの田中将大投手は10日(日本時間11日)の敵地オリオールズ戦で復帰する。6月8日(同9日)のメッツ戦で走塁の際に負傷し、両太もも裏の軽い挫傷で故障者リスト(DL)入り。約1か月ぶりにメジャーのマウンドに上がる右腕について、アーロン・ブーン監督はシーズン後半戦、特に9月以降のパフォーマンスに期待していることを明かした。地元紙「ニューヨーク・ポスト」が報じている。

 田中はメッツ戦で三塁からタッチアップした際に両足を負傷。翌9日(同10日)にDL入りが発表されたが、治療を経て、今月4日(同5日)には傘下3Aスクラントンでのリハビリ登板で5回3安打4奪三振2失点と好投していた。

 復帰までに約1か月を要したが、ようやくメジャーのマウンドに戻ってくる。「ニューヨーク・ポスト」は「故障者リスト入りでタナカは変わったとヤンキースは固く信じている」とのタイトルで特集。「タナカとアーロン・ブーン監督はこの(故障者リスト入り)期間がいくつかの利益をもたらしてくれると願っている」と伝えた。

 記事では、ブーン監督の以下のコメントも紹介している。

「願わくばこの少しばかりの休みで、彼の怪我が治癒するだけでなく、彼の腕を少し温存できることになったと思いたい。彼は元気を取り戻せるし、彼が最終月に我々にとってのインパクトを与えてくれる存在になってくれると信じている」

調子のバロメーターは直球の制球力、指揮官「正確でなければならない」

 2009年以来の世界一を目指すヤンキースにとって、レッドソックスとのハイレベルで熾烈なデッドヒートを制し、地区制覇を果たすことがまずは最初の目標。昨年のプレーオフで絶大な勝負強さを発揮した右腕がシーズン最後の1か月、つまり9月に獅子奮迅の活躍を見せてくることを指揮官は願っている。そして、当然、10月のポストシーズンでも昨年のように輝いてもらいところだろう。そのために、この1か月はいい“休養”になったと信じているようだ。

 ブーン監督はさらに、記事の中で「彼が直球を自在に操れるときは、他の球種もうまくいく。彼の変化球やスプリットは攻略が非常に難しい」と分析。復帰戦でも、まずは直球のコントロールが1つのポイントになりそう。指揮官は「彼は直球のコマンドが正確でなければならない。さもないと、打者に長打されやすい球種になってしまう」と“課題“も指摘している。

 同紙は「タナカがどれほどの助太刀をしてくれるのかは、とにかく不透明だ」と言及している。セベリーノが絶対的エースに君臨し、ベテラン左腕サバシアも好投を続けているが、ヤンキースの先発ローテーションはまだまだ不安定だ。田中が本来の姿で戻ってくれば、状況は大きく変わるだけに、まずは復帰戦に大きな期待がかかる。

(Full-Count編集部)