羽生善治、100期に王手

棋聖戦、2勝2敗のタイ

将棋の棋聖戦第4局で豊島将之八段を破り、通算100期に王手をかけた羽生善治棋聖=新潟市

 将棋の第89期棋聖戦5番勝負の第4局は10日、新潟市で指され、先手の羽生善治棋聖(47)が133手で挑戦者の豊島将之八段(28)を破り、対戦成績を2勝2敗のタイとし、決着を最終局に持ち込んだ。羽生棋聖が第5局で勝てば、タイトル獲得数が前人未到の通算100期となる。

 羽生棋聖は昨年12月、竜王を奪取して初の永世七冠を達成。自身の持つ通算タイトル獲得記録を99期に更新、夢の大台にあと1期とした。今年2月、国民栄誉賞を受賞した第一人者の快挙なるかに注目が集まっている。

 豊島八段は初タイトルが懸かる。第5局は17日に、東京都千代田区で行われる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る