台湾、馬英九前総統を在宅起訴

資産売却で

 【台北共同】台湾の検察は10日、「準国家資産」とされる国民党の資産などを不当に安く売却したとして、国民党の馬英九前総統ら6人を背任などの罪で在宅起訴した。

 準国家資産は、第2次大戦の敗戦で撤退した日本から接収したもので、台湾政府や国民党が所有している。検察は、馬氏が総統就任前の2005~06年、党主席の立場で党営企業などを市場価格より安く売却するなどし、約70億台湾元(約250億円)の損害を与えたと発表した。

 馬氏の事務所は「起訴を政治的に利用し、蔡英文政権が不人気であることから目をそらせようとしている」と批判した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む