JR北びわこ号機関車、当面C57に 大雨でD51移動できず

©株式会社京都新聞社

 JR西日本は10日、7月から新しい「SL北びわこ号」として、JR北陸線米原-木之本駅間を走る予定だった蒸気機関車「D51」が、西日本豪雨の影響で広島県内から移動できなくなったため、当面の間、機関車を「C57」に変更すると発表した。

 北びわこ号は今年5月にC56が引退し、7月からD51が引き継ぐ予定だった。同社によると、D51がある広島支社管内で大雨による運転の見合わせが相次ぎ、北陸線まで移動させられない状態だという。

 このため、今月15、22、29の3日間予定していたD51の運行を「貴婦人」の愛称で親しまれる梅小路運転区(京都市下京区)のC57で行うことにした。8月以降に使用する機関車は未定という。