イブラを感動させたW杯スウェーデン代表、なんと「靴下」でFIFAから罰金780万円!

今ワールドカップでベスト8に進出したスウェーデン代表。イングランドに敗れて準決勝進出はならなかったが、ズラタン・イブラヒモヴィッチも感動する戦いぶりを見せつけた。

そのスウェーデン代表だが、靴下によってFIFAから罰金を科されていたという。『fotbollskanalen』などの地元紙が伝えている。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

それによれば、スウェーデンサッカー協会(SvFF)は7万スイスフラン(783万円)もの罰金を科されたとのこと。FIFAはSvFFに対して大会規定に違反しているとして、この処分を通告したという。

問題視されたのはキャプテンでDFのアンドレアス・グランクヴィストらが着用していたこのソックスのようだ。

このtrusoxというソックスは、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスらも着用している物。

どうやら認定されていない用具を使ったとして、罰金を科されることになったようだ。

これに対して、ヤンネ・アンデション監督は「非常に悲しいし、(罰金は)不必要だ」などと不満を述べていたそう。

これまでは既存のソックスの一部をカットして、trusoxと接合するという履き方をしている選手もいたために、adidasが全チームのユニフォームに提供しているMLSでも罰金が科されたことがある

そのためか、MLSの今季ユニフォームではソックスがあらかじめ足先がない仕様に

今回グランクヴィストらがtrusoxを履くためにadidasのソックスをカットしていたのかは不明。

©株式会社コリー

Curated by

mobcast

mobcast