公選法、自民6増案を参院委可決

与党賛成、野党は反対

©一般社団法人共同通信社

参院政治倫理・選挙制度特別委で、公選法改正案に賛成して起立する自民党議員ら=11日午後

 参院政治倫理・選挙制度特別委員会は11日、参院選の「1票の格差」を是正する選挙制度改革を巡り、定数を6増する自民党の公選法改正案を賛成多数で可決した。「合区」選挙区は維持する。自民党に加え、独自案が否決された公明党も賛成に回った。野党は石井浩郎・倫選特委員長の不信任動議を出すなど採決阻止を目指したが、与党が押し切った。同日の参院本会議で可決し、衆院に送付する方針で、今国会での成立を期す。

 委員会では、自民案だけを採決し、国民民主党案、日本維新の会案、立憲民主党と希望の党が共同提出した案の計3本は採決しなかった。