横綱白鵬関、突然の休場

3連勝中、足滑り右膝痛

©一般社団法人共同通信社

横綱白鵬関

 大相撲の西横綱白鵬関(33)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=が名古屋場所4日目の11日、日本相撲協会に「右膝蓋腱損傷、右脛骨結節剥離骨折の疑いで2週間の安静を要する」との診断書を提出して休場した。初日から3連勝と好調に滑り出していたが、突然の休場となった。

 師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)によると、2日目(9日)の取組前に支度部屋で足を滑らせた際に痛めたという。11日午前には右膝付近が腫れ、注射を打つなどしてぎりぎりまで出場を探ったが痛みは引かず、午後2時ごろに協会へ休場を届け出た。